◆団体概要

NPO法人ピルコンは、正しい性の知識と判断力を育む支援により、これからの世代が自分らしく生き、豊かな人間関係を築ける社会の実現を目指す非営利団体です。

医療従事者などの専門家の協力を得ながら、中高生向け、保護者向けの性教育・ライフプランニングプログラムやコンテンツの開発・普及と、性の健康に関する啓発活動を行っています。

 

NPO法人ピルコン団体概要資料
NPO法人ピルコンの団体概要資料です。(2014年10月UPDATE)
ピルコンご紹介資料_201410.pdf
PDFファイル 1.1 MB
NPO法人ピルコン2014年度活動報告書
NPO法人の2014年度活動報告書です。(2015年5月UPDATE)
NPO法人ピルコン2014年度活動報告書.pdf
PDFファイル 4.9 MB

■名称

NPO法人ピルコン

 

■設立

2013年10月

(2007年10月より活動開始)

 

■ご連絡先

pilcon.info★gmail.com

(★を@に変えて)

 

目的

当法人は、以下の2点を目的とする。

(1) 望まない妊娠や性感染症の予防啓発と健康に生きるための

性の健康に関する正しい性の知識の普及に関する活動を行い、

もって国民の健康増進に寄与すること

 

(2)ライフプランとキャリア実現に関する支援を行い、男女共同参画社会の形成の

促進を図ることを目的とする

 

■特定非営利活動

当法人は前条の目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。

(1)                  保健、医療又は福祉の増進を図る活動

(2)                  社会教育の推進を図る活動

(3)                  男女共同参画社会の形成の促進を図る活動

(4)                  子どもの健全育成を図る活動

 

事 業

当法人は、目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として、次の事業を行う。

(1)                  正しい性の知識に関する普及啓発事業

(2)                  女性のライフプランニングとキャリア実現に関する支援事業

(3)                  性教育教材や性の健康を増進する用品の企画、製造、および販売

(4)                  その他目的を達成するために必要な事業

 

活動領域

東京・関東圏を中心とする日本全国

 

 

◆情報公開

NPO法人ピルコン定款
pilcon_teikan.pdf
PDFファイル 120.1 KB
2013年事業計画書.pdf
PDFファイル 51.1 KB
2014年事業計画書_2.pdf
PDFファイル 56.8 KB

2013年度事業報告関連

ピルコン2013年度事業報告書.pdf
PDFファイル 54.8 KB
ピルコン第Ⅰ期活動計算書.pdf
PDFファイル 69.6 KB
ピルコン第Ⅰ期貸借対照表.pdf
PDFファイル 41.2 KB
ピルコン第Ⅰ期財産目録.pdf
PDFファイル 40.3 KB
2013年度ピルコン活動履歴.pdf
PDFファイル 73.3 KB

◆代表ご挨拶

ピルコンは、2007年慶應義塾大学の学生団体「避妊啓発団体ピルコン」として設立し、

その後、若手社会人を中心とする有志の任意団体としての活動を経て、2013年NPO法人として成立しました。

 

活動の中心となっている20-30代のメンバーは、恋愛や性について悩んだり、経験を重ねる中で、

性の知識や丁寧な人間関係を築いていく大切さを身を持って実感してきた一般市民です。

 

学校の性教育はあるけれど、どこか他人事。

親とはまさか性についての話はできない。

友達とは恋愛話や下ネタは話すけど、避妊や性感染症についてまではよく分からないし、マジメに話したことはない。

 

そんな中、普通に恋をしているだけなのに、予期しない妊娠や中絶、性感染症に悩む子は少なくありません。

年間約20万件に及ぶ中絶が行われ、10代の中絶はその10%。

性経験のある高校生の10人に1人がクラミジアなどの性感染症にかかっていると言います。

けれど、そんな事実さえ現代の若者は知る機会すら多くはありません。

 

私自身、大学生の頃、性や避妊について深く考えることなく恋愛をし、

パートナーに流されるまま性体験を重ねたことで、意図せず妊娠し、中絶を選択しました。

けれど、子どもを産んでいたら全てハッピーかと言えば、おそらく後悔の多い人生になっていたとも思います。

時計の針を戻すとしたら、産むか、おろすかの選択ではなく、きちんと避妊をするところに戻りたいと思いました。

自分と同じような思いをする人を減らしたいという思いから、手術から1年後、大学内で学生向けに

避妊啓発活動を始めました。

 

性や避妊の大切さについて伝えたいと思っても、まず自分事に思い、関心を持ってもらう難しさにも

ぶち当たっていく中で、恋愛についてや、これからの女性の生き方を考える、というアプローチで、

性について学び、オープンに話し合うことの大切さを伝えてきました。

そんな中、パートナーにも恵まれ、恋愛を通して自分や相手と深く向き合い、

大好きな人と支え合い応援しあいながら、豊かで幸せな時を重ねる素晴らしさも知りました。

 

今や、インターネットや街の本屋、コンビニエンスストアやビデオショップでは、

簡単にポルノ情報にアクセスすることができます。

学校や親が子どもときちんと向き合って、性について教えなければ、子どもたちは簡単にアクセスできる

偏った性情報から性を学んでいきます。

 

子どもたちが、成長をしていく中でむやみに悩んだり、恋が不幸な経験となってしまう前に。

より豊かな人生を送り、自分の将来の夢も実現してくために。

子どもや若い世代に、知識によって、性の不幸から守るのは大人、社会の責任だと考えます。

 

NPO法人ピルコンでは、若者が性について気軽に学べる機会を、そして大人にも、子どもへの性の伝え方を学ぶ機会を提供することで、健康で自分の望む人生を実現できる若者を増やしていきたいと考えています。

 

皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

 

染矢明日香

 

NPO法人ピルコン理事長。

石川県金沢市出身。慶應義塾大学環境情報学部卒。

自身の経験から日本の望まない妊娠・中絶の多さに問題意識を持ち、慶應義塾大学在学中より「避妊啓発団体ピルコン」を立ち上げ、学生向けのセクシャルヘルスセミナーや、イベントへの出展を行う。

現在は中高生向け、保護者向けの性教育・ライフプランニングプログラムやコンテンツの開発と普及を行っている。大学生ボランティアを中心に身近な目線で性の健康を伝えるLILYプログラムでは、のべ2,000名以上の中高生に届け、思春期からの正しい性知識の向上と対等なパートナーシップの意識醸成に貢献している。

医療従事者の監修のもと製作・無料動画サイトに投稿した「パンツを脱ぐ前に知っておきたいコンドームの付け方」動画は2012年10月のアップ以来、100万回以上再生され、NHKやBSスカパー!、日経WOMEN、毎日新聞などのメディアにも数多く出演。

樋栄ひかる氏のファシリテーター養成講座、AMEXサービス・アカデミー、WYSH PROJECT指導者養成講座、日本家族計画協会ピア・コーディネーター養成講座など修了。心理カウンセラーの資格も持つ。

2012年花王社会起業塾メンバー。“人間と性”教育研究協議会東京サークル研究局長。